更新履歴
ホーム  >  会長挨拶
更新履歴

会長挨拶


クラブ運営の基本方針

 

会長   村松 邦彦

副会長  松井 一郎

副会長  藤吉 一哉

 

主体的活動に向けて

55周年の事業が盛大に挙行された後、「動から静へ」と落ち着いた一年になる予定でしたが、

本年度は「地区研修・協議会」と「IM」の開催と二つの大きな事業を担うことになり、違った意味で忙しい一年となります。

逗子ロータリーの力を発揮し成功に向け万全の態勢で臨まなければなりません。先ずはこれを最重点の課題とします。

 

本年度のイアン・ライズリー会長の基本方針は「MakingaDifference」(ロータリー:変化をもたらす)です。

時代と共にロータリーのあるべき姿を常に求めて、取り入れるもの、変えるものをしっかり確認し運営とすることを主眼としています。

規定審議会も変化を意識し、各ロータリーに自由裁量を与えた運営を良しとする点が多くなりましたが、

逗子ロータリーは多くを変更せず従来の規定に従い遂行します。

 

地区の基本方針は増強、公共イメージと認知度の向上、長期計画目標と実行、財団への貢献が主な柱となります。

逗子ロータリーもこの方針を確認し実行します。逗子ロータリーの特徴は「親睦と奉仕」にあります。

会員の融和を図り新しい奉仕活動の創出にも取り組んでいきます。それぞれの委員会は基本的課題を把握し、各委員長が主体的に事業を遂行する。

これを基本方針とします。無理せず堅実な事業計画を立案し、予算に基づく効率的運営を図る年度とします。

これは財政基盤を強化し長期的視野に立つ活動を実行するのに重要な要素です。

 

国際主義対民族主義は新しい世界の脅威になりつつあります。

人間を差別し自分本位の思想を掲げる、これほど危険な行動はありません。

ロータリーの理念は人間を愛し他者を尊重し無意味な差別は許さないという崇高な合意の上で活動しています。

グローバリズムの最先端は正にロータリーにあります。我々は常にこの理想に向かって行動することが今こそ大切です。